トップページ >  病院以外で働く看護師の仕事内容 >  クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストと病院で働く看護師の違いはどこ?

クリニカルスペシャリストとは、看護師の資格を活かして医薬品メーカーや医療機器メーカーで働く方のことを言います。

フィールドナース、クリニカルコーディネーター、クリニカルアドバイザー、メディカルアソシエイト、アプリケーションスペシャリスト...等、医療機器メーカーごとに様々な呼ばれ方をされ、会社によって業務内容には違いがあります。


基本的に、先に紹介したフィールドナースとほぼ同じような仕事なのですが、より広い範囲で活躍するスペシャリストという位置付けです。


たとえば自社製品(医薬品や医療機器)の販売のために営業担当と同行して病院や販売代理店に対してデモンストレーションを行ったり、セールス活動を行うこともあります。また営業の補助活動だけにとどまらず、販売戦略を企画立案し、製品の勉強会やプレゼンテーションを行うなど、マーケティングに関わる業務全体を管理する仕事も含まれます。


看護師としての高い専門知識とプレゼンテーション能力が求められる仕事です。


クリニカルスペシャリストの主な仕事内容

 自社製品の営業・営業補助
 自社製品のデモンストレーション・プレゼンテーション
 販売戦略の企画立案・マーケティング業務

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為は行わない
 医薬品や医療機器の営業を担当する
 より高い専門知識が求められる

医療機器メーカーや医薬品メーカーによっては海外への販売を行っている場合も非常に多く、仕事内容の中には海外への出張も含まれているケースもよくあります。


クリニカルスペシャリストを求人している企業は外資系が多く中級以上の英語力が求められます。 一定の語学力を持つことが就職の条件としていることもよくあるので、必要に応じて身につけておくことになります。



クリニカルスペシャリストになる看護師のメリット・デメリット

クリニカルスペシャリストは、病院での勤務と比較すると勤務時間や労働環境など待遇面で大きく違ってきます。基本的には一般的な会社員と勤務体系がほぼ同様で、交代勤務はなく週末の週休2日やお盆や年末年始の大型連休も楽しめるようになります。

また商品を販売する企業には、販売後のサポートで様々なコミュニケーションを行うことになるので、その中で得られる知識はその後のスキルアップに大いに役立てることができ、また貴重な人脈を築くことにも繋がります。


一方で、看護の仕事からはかなり遠のいてしまうことになり、患者さんと接することは皆無。臨床の現場から離れ営業職として企業で働くことになります。まったく違う畑に足を踏み入れる点では少なからずリスクも存在する可能性はあります。


クリニカルスペシャリストのメリット

 一般企業と同じく夜勤無し・土日祝祭日休み
 年収アップが見込める
 外資系企業で働ける

クリニカルスペシャリストのデメリット

 企業によっては仕事が忙しく残業も少なくない
 人前で話すことが苦手な人には向いていない
 中級以上の英語力が必要な場合もある

年収500?700万という高待遇の求人もあり、病院の看護師よりも年収アップも期待できる人気のお仕事です。 土日祝祭日休みなど、カレンダーどおりの勤務で仕事と家庭との両立はしやすいのですが、ハードな仕事のため、小さいお子さんがいる看護師さんには少し厳しいかもしれません。


クリニカルスペシャリストになりたくてもハローワークなどの一般の求人にはほとんど載らず、看護師の転職支援サイトに情報が集中している場合がほとんどです。