トップページ > クリニカルスペシャリスト > クリニカルスペシャリストと病院で働く看護師の違いはどこ?

クリニカルスペシャリストと病院で働く看護師の違いはどこ?

クリニカルスペシャリストとは、看護師の資格を活かして医薬品メーカーや医療機器メーカーで働く方のことを言います。

フィールドナース、クリニカルコーディネーター、クリニカルアドバイザー、メディカルアソシエイト、アプリケーションスペシャリスト...等、医療機器メーカーごとに様々な呼ばれ方をされ、会社によって業務内容には違いがあります。


基本的に、先に紹介したフィールドナースとほぼ同じような仕事なのですが、より広い範囲で活躍するスペシャリストという位置付けです。


たとえば自社製品(医薬品や医療機器)の販売のために営業担当と同行して病院や販売代理店に対してデモンストレーションを行ったり、セールス活動を行うこともあります。また営業の補助活動だけにとどまらず、販売戦略を企画立案し、製品の勉強会やプレゼンテーションを行うなど、マーケティングに関わる業務全体を管理する仕事も含まれます。


看護師としての高い専門知識とプレゼンテーション能力が求められる仕事です。


クリニカルスペシャリストの主な仕事内容

 自社製品の営業・営業補助
 自社製品のデモンストレーション・プレゼンテーション
 販売戦略の企画立案・マーケティング業務

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為は行わない
 医薬品や医療機器の営業を担当する
 より高い専門知識が求められる

医療機器メーカーや医薬品メーカーによっては海外への販売を行っている場合も非常に多く、仕事内容の中には海外への出張も含まれているケースもよくあります。


クリニカルスペシャリストを求人している企業は外資系が多く中級以上の英語力が求められます。 一定の語学力を持つことが就職の条件としていることもよくあるので、必要に応じて身につけておくことになります。