臨床開発モニターと病院で働く看護師の違いはどこ?

臨床開発モニター(CRA)とは、製薬会社の立場から新薬承認のための治験を依頼したり、治験が基準に基づいて適正に行われているかを監視する仕事です。


製薬会社や医療機器メーカー、または臨床試験を外注する会社(CRO)が主な就職先となり、治験コーディネーター(CRC)から提供された情報を製薬会社に報告したり交渉を行う仕事も含まれます。

大手メーカーや外資系の会社も多く治験コーディネータ(CRC)よりも収入は高めになりますが、メーカーの中でも一番現場寄りの職種であるため、豊富な治験の知識や営業力も求められます。


看護師の方から臨床開発モニター(CRA)への転職が多いのは、医療全般に対する一定の知識があるのでカルテも読むことができる、医師とのコミュニケーションを取ることにも慣れていることが大きなポイントとなっています。


ただコミュニケーション能力という点では他の職種より一つ二つ上手である必要があります。企画立案の経験やTOEIC600点以上などと、求められる知識は高くなっています。とはいえ、臨床開発モニター(CRA)になるために必要な資格はなく、未経験者でも職に就くことができる薬剤師や看護師の方の転職先として人気の職業です。


臨床開発モニター(CRA)の主な仕事内容

 臨床試験の計画立案?モニタリング業務
 治験の準備?医療機関への依頼・契約手続き
 GCP(治験実施の際に遵守すべき規準)遵守の監視
 症例のデータ作成・報告
 治験終了の手続き

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為を行うわけではない
 製薬会社やCRO(受託臨床試験機関)の開発担当

臨床開発モニター(CRA)の求人は非公開で募集しているケースも多いため、求人サイトや人材紹介会社に登録して探した方が採用への近道となります。



臨床開発モニターになる看護師のメリット・デメリット

臨床開発モニター(CRA)は、カレンダー通りの勤務、女性中心の職場、高収入と、働く女性には魅力の多い職場です。


治験の立ち上げから終了まで、製薬会社と医療機関との窓口になって一通りの業務を滞りなく進めるように動く大変な仕事で、ハードワークになることも多いようです。

新たな幅広い医学的な知識、薬に関する知識、情報処理に関する知識などに加えて応用の幅が広いことも求められるため、人によっては適応性が難しいと感じることもあります。


臨床開発モニター(CRA)のメリット

 企業に勤めるため勤務が規則的(夜勤なし、土日休み)
 CRAは社員の多くが女性で、産休・育休など整備が充実
 幅広い応用力が必要な反面「やりがい」がある
 年収が高い

臨床開発モニター(CRA)のデメリット

 製薬メーカー認定試験を受ける必要がある
 忙しい時とそうでない時の差が大きく残業になることも
 出張が多いため、飛行機や乗り物が苦手な人には厳しい
 医学・薬・情報処理など幅広い知識が求められる

臨床開発モニター(CRA)は、一般的なサラリーマンとして製薬メーカーに勤めますので、それぞれの勤め先によってはより多くの収入を得られることがあります。


病院から病院へ転職する場合、それぞれの病院で給与に大きな差はなくひたすらキャリアを積んでいくしかありませんが、臨床開発モニター(CRA)の場合は、より条件の良い会社や世界的に活躍するような大手の会社もあるため、上を目指せばより好条件な待遇を手に入れることもできます。