トップページ >  病院以外で働く看護師の仕事内容 >  治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーターと病院で働く看護師の違いはどこ?

治験コーディネーター(CRC)とは、新薬の効果を確かめるために製薬会社と治験を依頼する病院・医師・被験者さんとの間に立って、治験を進めるための調整役をするお仕事です。


主な業務は"病院内での調整、医師との対応、患者との対応"など、臨床経験をつんだ看護師の方に向いて職業です。そのため、看護師から治験コーディネーター(CRC)に転身するというケースも非常に多くあります。


具体的な仕事内容は「インフォームド・コンセントの補助、治験のスケジュール管理、治験中の患者のサポート、症例報告書作成補助、臨床開発担当者(CRC)への報告」などが挙げられます。


いずれの仕事内容も治験において非常に重要なもので、欠かすことができない存在で現場では非常に存在感がある仕事だといえます。ただ病院での看護師の仕事内容とは大きく変わることになりますので、学ぶべきことは非常に膨大にあるといえます。


治験コーディネーター(CRC)の主な仕事内容

 治験実施計画書に基づいた治験スケジュール管理
 診察への同席・服薬指導・治験データの収集・各部署への連絡
 被験者へのインフォームドコンセプト
 症例報告書の作成などの事務作業

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 SMO(民間業者)の営業職という側面が大きい
 一般の企業と同じように土日祝日休みとカレンダー通りに休める
 治験業務を行う医療機関に出向く
 EXCELやWordなどのパソコン操作やデスクワーク

就職パターンは大きく分けて院内とSMO(CRCを派遣する民間会社)のいずれかになります。院内CRCはすでに勤務している看護師や薬剤師が兼任することが多いため、求人はほとんどなく、SMOの正社員としての求人がほとんどです。


SMOから派遣されて病院を回り、治験を行うための調整をするなどフットワークの軽さと営業能力も求められる仕事です。一般の求人情報にはなかなか出てこないので、看護師の転職サイトなどに登録して探すのがおすすめです。



治験コーディネーターになる看護師のメリット・デメリット

治験コーディネーター(CRC)は、一般的なサラリーマンと同じように週末2日の休日はもちろん、祝祭日にも休みを取ることができます。病院に勤めていた頃の忙しさや夜勤などもなく、落ち着いて仕事に打ち込めます。


病院では人との関わりや得られる知識の幅など、配属された部署内の非常に狭いものになりますが、治験コーディネーター(CRC)の場合は製薬会社や医療機関をはじめとして様々な分野の方とコミュニケーションを持つため、知見が著しく広がります。


治験コーディネーター(CRC)のメリット

 企業に勤めるため勤務が規則的
 夜勤なし、土日休みと家庭と仕事の両立がしやすい

治験コーディネーター(CRC)のデメリット

 看護師と比べて給料はやや下がる
 現場の仕事だけではなく、事務や営業のスキルも必要
 残業は結構多い職場もある
 治験が行われる医療機関によって勤務地が変わる

これまで病院で行ってきた看護師本来の仕事である医療行為は一切行わなくなります。もちろん治験コーディネーター(CRC)は看護師としての知識が活用できる仕事ですが、基本的にはまったく違う分野の仕事になる点は注意が必要です。


エクセルやワードなどを使ったデスクワークも多く、病院を回ったり営業職のようなフットワークが求められます。被験者の負担を軽減するため、心身のケアやサポートを行うことも大切な仕事です。

また、収入は出来高制をとっているSMOも少なくありません。気になる方は固定費がいくらになるかなど、しっかり情報を集めて就職先を選びましょう。