トップページ > 治験コーディネーター(CRC) > 治験コーディネーターになる看護師のメリット・デメリット

治験コーディネーターになる看護師のメリット・デメリット

治験コーディネーター(CRC)は、一般的なサラリーマンと同じように週末2日の休日はもちろん、祝祭日にも休みを取ることができます。病院に勤めていた頃の忙しさや夜勤などもなく、落ち着いて仕事に打ち込めます。


病院では人との関わりや得られる知識の幅など、配属された部署内の非常に狭いものになりますが、治験コーディネーター(CRC)の場合は製薬会社や医療機関をはじめとして様々な分野の方とコミュニケーションを持つため、知見が著しく広がります。


治験コーディネーター(CRC)のメリット

 企業に勤めるため勤務が規則的
 夜勤なし、土日休みと家庭と仕事の両立がしやすい

治験コーディネーター(CRC)のデメリット

 看護師と比べて給料はやや下がる
 現場の仕事だけではなく、事務や営業のスキルも必要
 残業は結構多い職場もある
 治験が行われる医療機関によって勤務地が変わる

これまで病院で行ってきた看護師本来の仕事である医療行為は一切行わなくなります。もちろん治験コーディネーター(CRC)は看護師としての知識が活用できる仕事ですが、基本的にはまったく違う分野の仕事になる点は注意が必要です。


エクセルやワードなどを使ったデスクワークも多く、病院を回ったり営業職のようなフットワークが求められます。被験者の負担を軽減するため、心身のケアやサポートを行うことも大切な仕事です。

また、収入は出来高制をとっているSMOも少なくありません。気になる方は固定費がいくらになるかなど、しっかり情報を集めて就職先を選びましょう。