トップページ > 大学の医務室 > 大学の医務室と病院で働く看護師の違いはどこ?

大学の医務室と病院で働く看護師の違いはどこ?

大学の医務室で働く看護師のイメージは、一言で言えば「保健室の先生」のようなものです。
小中高校では養護教諭の免許が必要なのですが、大学の医務室の場合は看護師や保健師の資格があれば仕事に就くことができます。


大学の医務室での仕事内容は、大学の職員、生徒たちの健康管理・健康診断・健康相談・ケガや体調不良の応急処置や病院搬送の判断などのほか、初めて親元を離れ不安やストレスを抱える学生たちのメンタル面でのサポートも重要視されています。


部活などで怪我をした場合の応急処置は、学校医が常勤していればそのサポートを行い、学校医が不在の場合には病院での治療が必要かどうかを見極めることになります。


特に大学の部活ともなると本格的で激しいものとなり、スポーツに関する怪我は非常に多くなります。また理系の学校では実験などもあります。授業中の怪我などに対しても適切な処置をほどこします。


大学の医務室で働く看護師の主な仕事内容

 健康相談(病気の予防や心理カウンセリング含む)
 定期健康診断の実施
 カルテなどのデータ管理・書類作成
 ケガや病気の応急処置・病院への搬送判断など

病院勤務の看護師との大きな違いは?


 医療行為そのものを行うことは少ない
 学生の相談・カウンセリングなどの業務が中心
 主にカレンダー通りの勤務で夜勤や土日勤務は少ない

大学の医務室で健康管理を行う中ではデスクワークも必然的に多くなります。パソコンのオフィス系のソフトが使えるなど一般的な事務スキルもまた必要になってくるでしょう。
これまであまり経験がないという看護師の方は、EXCELやWordといったPCスキルもしっかりと補っておく必要があります。