トップページ > デイサービス > デイサービスと病院で働く看護師の違いはどこ?

デイサービスと病院で働く看護師の違いはどこ?

デイサービスとは、福祉施設などに入所してサービスを受けるのとは異なり、昼間に施設に来所して日帰りで利用することができる通所型の介護サービスとなります。


この施設は老人福祉施設のひとつの形態で、正確には老人デイサービスセンターと呼ばれており、通所の対象となるのは介護を必要とする高齢者はもちろん障害者の方も含まれます。


施設へは送迎がつきますので利用者の方にとっては負担が軽減されており、通所介護計画の内容に沿った形でサービスを行うことになります。基本的には介護職の職場となり、看護師が勤める場合の仕事内容は病院に勤務する場合とではかなりの開きがあります。


デイサービスは介護が主体となり、看護師の行う範囲は体温・血圧・脈拍を測るぐらいに留まり、それ以外の日常生活のケアやサポートなどの仕事内容も割り振られます。傷や怪我などを発見してもすぐに処置とは行かず、ケアマネージャーの判断を仰ぐことになりますので、本来の看護師としての役割はあまり多くは発揮できません。


デイサービス看護師の主な仕事内容

 看護業務(入浴・排泄・食事・レクリエーション・送迎)
 看護業務
  (健康管理・バイタルチェック・皮膚処置・薬の管理・摘便・胃漏など)

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 現場に医師はおらず、基本的に施設に看護師は一人
 医療メインの仕事ではなく、介護業務が多い
 患者を含めご家族の方と連携して総合的なケアを行う

デイサービスは新たに学ぶ知識や技術もありますが、名前にあるとおり昼間だけのサービスとなりますので、ご家庭がある看護師の方、短時間で働きたい方には人気のある職場です。