トップページ > デイサービス > デイサービスで働く看護師のメリット・デメリット

デイサービスで働く看護師のメリット・デメリット

デイサービスはその名前の通り日勤のみの仕事となります。デイサービスの求人では、正社員はもちろんのこと"アルバイト、パート、派遣、単発"などと実に様々ありますので、求職者の方の生活に合わせて自由に選ぶことができます。


デイサービスで働くメリット

 日勤のみで、夜勤や残業も基本的にない
 ライフスタイルに合わせた勤務体系で働ける
 新人ナースやブランクありでも働きやすい

デイサービスで働くデメリット

 月々の給与は低くなる
 医療行為ではなく介護や介助に多くの時間を費やす
 他のスタッフとの人間関係が難しい
 仕事をテキパキと確実に時間内に済ませなければならない

デイサービスでは1日あたりに担当する利用者の方が多いため非常にタイトなスケジュールとなっている場合が多く、あらかじめ決められた範囲内で健康チェック・食事・トイレ・入浴・レクリエーションなどと様々こなしていくのは慣れるまでは大変かもしれません。


また、そうした仕事の多くは病院で行うような医療行為ではなく介護や介助に多くが占められていますので、そうした仕事に向かないという看護師の方もいるようです。デイサービスは、勤務時間が短い場合が多いので、病院時代より月々の給与が減ってしまうこともあるので、転職によって給与を上げたい方は注意が必要です。