トップページ > フィールドナース > フィールドナースと病院で働く看護師の違いはどこ?

フィールドナースと病院で働く看護師の違いはどこ?

フィールドナースとは、一般の医療機器メーカーや医薬品メーカーで看護師の資格を活かして幅広く活躍する看護師のことです。


製薬会社などでは、取り扱っている医薬品や医療機器を病院などに売り込む営業マンがいます。しかし、高度な医療知識を必要とする新製品が次々と開発され、製品を売り込むための知識が営業マンだけでは対応しきれない場合もあります。


そこで、専門的な知識を持った看護師が、その企業で取り扱う製品を宣伝するための営業や、機器の使い方をレクチャーするなどの業務を行うのがフィールドナースの役割です。


似たような職種にクリニカルスペシャリストもあるのですが、こちらは販売後のサポートを担当するのに対して、フィールドナースは主に販売前の営業やサポートが主な仕事内容となります。


ただこうした棲み分けを明確に行っておらず、フィールドナース=クリニカルスペシャリストとしている場合もあるので、そうした時には販売の前後双方で深く関与していくことになります。


フィールドナースの主な仕事内容

 病院などに出向いて自社製品の営業・営業補助
 自社製品のデモンストレーション・使い方の説明
 定期的な操作トレーニング

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為は行わない、企業のOLという働き方
 一般企業のため、夜勤などは無し

医療メーカーには外資系の企業がとても多く、英語力のある方は重宝され、年収もアップします。キャリアウーマンとして、一般企業のOLのような働き方ができ、夜勤は無くカレンダー通りの勤務ができます。


看護師の経験を上手く生かして会社に貢献することができるので、働き次第では病院時代では決して得られることの無かった高額な給料となる場合もあります。