トップページ > フィールドナース > フィールドナースになるメリット・デメリット

フィールドナースになるメリット・デメリット

フィールドナースになるメリットは、病院とは大きく異なり勤め先として選択できる企業はピンからキリまでありますので、より条件の良い企業を探すことが可能になります。

基本的に会社員として勤めることになるため、他の看護師と比較しても年収アップが期待できます。加えて会社員ですので週末は必ず休みを取ることができ、病棟勤務のような夜勤もないので安定して仕事に打ち込めます。


フィールドナースのメリット

 夜勤無し、土日祝休みなど、一般企業のOLのように働ける
 自分の時間が確保しやすく、家庭との両立もしやすい
 給料が高い傾向にある

フィールドナースのデメリット

 企業によってはハードな仕事で残業の多い職場もある
 営業が出来ない人には向いていない
 求人がとても少ない
 患者さんと直接関わることがなくなる

一般企業で安定した仕事に就け、年収は平均して400?600万、外資系企業では500万以上を狙うことも可能です。

年収も高く人気の職種ですが非公開求人という形をとっている企業が多いため、ハローワークなどではなかなか見つかりません。看護師の転職サイトなどがほぼ独占的に求人情報を持っている場合が多いので、登録して探した方が良いのではないでしょうか。