保育園と病院で働く看護師の違いはどこ?

「保育園の看護師募集」をハローワークやネットの求人で目にすることがあると思いますが、病院と違い患者さんが常時いるようには見えない保育園での看護師の仕事はどんな仕事なのでしょうか?


保育園の看護師は、普段はクラス(主に0歳児)を受け持つこともあり、お遊戯や行事にも保育士と同じように参加します。「保健だより」などのお便りを作成するなど雑用もこなします。

保育士と同じように雑用をこなしながらも、園児が怪我をした場合は応急処置か病院へ連れて行くかの判断をしたり、急な発熱の場合には保護者が迎えに来るまでの間看病します。


一番大きな違いは、病院の看護師が病人と接する「病気を治す」仕事なのに対し、保育園の看護師は元気な園児と接することです。まずは「子どもの健康管理と急な怪我などへの対応」が主な仕事で、インフルエンザや伝染病・流行病の予防も大切な仕事です。


保育園看護師の主な仕事内容

 保育業務・お便りなどの雑用
 子ども達の健康管理
 怪我・発熱などの応急時の対応
 保護者への対応・カウンセリング

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 病院看護師と違って夜勤、休日出勤がない
 病院ではないので医療行為はできない

看護師の勤め先としては認可保育所や認可外保育施設、国公立から私立、また独立園だけでなく小学校をはじめとする様々な学校に併設されている場合もあります。また正職員よりは非常勤、契約社員といった勤務形態の求人・募集が多い傾向にあります。


保育園で働く看護師のメリット・デメリット

病院勤務は夜勤や土日出勤があって体力的にも精神的も大変...
子どもが大好きだから保育園で看護師の仕事をしてみたい、そんな方は多いと思いますが、どんな職場にも長所・短所はあります。


保育園や幼稚園の場合は、病院のような医療行為をメインとして行うのではなく、健康管理や保健衛生などがメインとなります。責任の重さや緊張感は和らぐという点で人気の高い転職先となっています。その一方で、疾患やアレルギーを抱えている幼児も多く、食事や薬の管理に気を使うことになります。


また保育園や幼稚園では園児の両親はもとより祖父母まで出入りが多いのでコミュニケーション力が求められます。父兄の中にはモンスターペアレントと呼ばれる過剰な反応や理不尽な要求をしてくる方いますが、「看護師さんがいて安心した」と、やりがいを感じる場面もたくさんあります。


保育園看護師のメリット

 夜勤、土日出勤がなく、日勤のみで働ける
 ほぼ残業がなく定時で帰れる
 元気な子どもに囲まれて働ける

保育園看護師のデメリット

 看護師が一人しかいない
 病院に比べ収入が激減する
 保育士現場も病院と同じで「女の職場」
 職場の雰囲気は良くも悪くも園長次第

保育園ナースの仕事は、元気な子どもに囲まれてイキイキと働けます。 病院に比べると給料は激減しますが、子供と接するのが好きな方、保育士、保護者とのコミュニケーションが苦にならない方に向いているお仕事です。