トップページ > 保育園・幼稚園 > 保育園と病院で働く看護師の違いはどこ?

保育園と病院で働く看護師の違いはどこ?

「保育園の看護師募集」をハローワークやネットの求人で目にすることがあると思いますが、病院と違い患者さんが常時いるようには見えない保育園での看護師の仕事はどんな仕事なのでしょうか?


保育園の看護師は、普段はクラス(主に0歳児)を受け持つこともあり、お遊戯や行事にも保育士と同じように参加します。「保健だより」などのお便りを作成するなど雑用もこなします。

保育士と同じように雑用をこなしながらも、園児が怪我をした場合は応急処置か病院へ連れて行くかの判断をしたり、急な発熱の場合には保護者が迎えに来るまでの間看病します。


一番大きな違いは、病院の看護師が病人と接する「病気を治す」仕事なのに対し、保育園の看護師は元気な園児と接することです。まずは「子どもの健康管理と急な怪我などへの対応」が主な仕事で、インフルエンザや伝染病・流行病の予防も大切な仕事です。


保育園看護師の主な仕事内容

 保育業務・お便りなどの雑用
 子ども達の健康管理
 怪我・発熱などの応急時の対応
 保護者への対応・カウンセリング

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 病院看護師と違って夜勤、休日出勤がない
 病院ではないので医療行為はできない

看護師の勤め先としては認可保育所や認可外保育施設、国公立から私立、また独立園だけでなく小学校をはじめとする様々な学校に併設されている場合もあります。また正職員よりは非常勤、契約社員といった勤務形態の求人・募集が多い傾向にあります。