トップページ >  病院以外で働く看護師の仕事内容 >  訪問看護ステーション

訪問看護ステーションと病院で働く看護師の違いはどこ?

訪問看護ステーションとは、病気を患っている方や介護を必要とされる方が、自宅に住みながらも療養生活を送れるように看護師が自宅まで出向いて様々なケアサービスを行う場となります。


看護師の仕事内容は医師や関連機関と連携を取りながら「療養上のお世話、医師の指示による医療処置、病状の観察、医療機器の管理、ターミナルケア、床ずれ予防・処置、在宅でのリハビリテーション、認知症ケア、ご家族等への介護支援・相談、介護予防」などと幅広く行います。


他の福祉施設と比較して、医療的処置や介護指導だけでなくリハビリ指導までふくめた仕事内容となっているのが大きな特長となります。病院で行う看護と比較すると、通常の看護に加えて介護に関する仕事内容もあり、介護方面の資格をとり知識や技術を取得する方も多くいます。


また一般的には訪問看護ステーションといえば高齢者などの介護を必要とする方をイメージしますが、介護保険以外でも医療保険も使うことができるので、若い世代の方が利用する場合もあります。

ただ訪問看護ステーションに勤めるのは看護師だけでなく、"保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士"などもおりますので、仕事内容によりそれぞれに業務が割り振られている場合もあります。


訪問看護ステーション看護師の主な仕事内容

 療養上の世話(入浴・排泄の世話や日常生活の援助)
 健康管理(バイタルチェックや床ずれの予防)
 医師の指示による医療処置(注射・点滴・服薬など)
 自宅でのリハビリ
 自宅での医療機器の管理
 ご家族への相談対応

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 看護師が単独で訪問し、各種サービスを提供する
 判断力や決断力がより求められる
 患者と家族を含めた生活の総合的なケアを行う

市町村によっては、看護師免許だけではなく訪問看護師養成講習会などの研修を義務付けている場合もありますので、各都道府の県看護協会へ問い合わせてみるといいでしょう。


病院に入院できる期間も短くなり、在宅で療養しなければならない人も増えています。訪問看護師の役割は今後ますます重要になってくるでしょう。




訪問看護ステーションで働くメリット・デメリット

訪問看護ステーションのメリット・デメリットは個々の考え方により逆にもなり得ます。

一人で判断をしないといけない=今までの知識を試せる、やりがいを感じる


訪問看護ステーションでは、基本的には夜勤がないので日勤のみの仕事となり、一般的な病院と比較すると雑務も少ないので残業も少なくなり非常に働きやすい勤務体系の職場です。


結婚されている方には非常に負担が少ないのでお勧めでき、休日が安定して取れる点がメリットです。人によっては暇な休日に単発のアルバイトを入れて、しっかりと稼いでいるというケースもあるようです。一方、夜間に電話待機することがあり、ゆっくり過ごせないというデメリットもあります。


また訪問看護ステーションは、少人数の職場もある中で上司や同僚とあわないとかなり仕事がしづらくなる、居づらくなるケースもあります。


訪問看護ステーションで働くメリット

 日勤のみの土日休みが多く、夜勤も少ない
 病院と比べても給料が高い
 患者さん一人ひとりと向き合える

訪問看護ステーションで働くデメリット

 一人で患者のケアをマネジメントする
 医療や介護の総合的なケアを行うため判断力が求められる
 少ない人数の職場が多い
 オンコールで拘束される日もある

自動車の運転・医療行為・介護ケアなど、一人で一通りの処置をこなさなければならず責任感が求められますが、患者の家族の方とも協力して看護することで一体感や達成感を感じられる職場です。


訪問看護ステーションが制度化されたのは1992年と比較的に最近のことですが、2011年度になるまでに6000ヵ所に迫る勢いで増えていますので、転職先としてかなり有望だといえます。