トップページ > 介護老人保健施設 > 介護老人保健施設と病院で働く看護師の違いはどこ?

介護老人保健施設と病院で働く看護師の違いはどこ?

介護老人保健施設とは、「老健(ろうけん)」とも略され、常時介護が必要で自宅での生活が困難な65歳以上の方を対象とした介護施設です。


介護保険が適用される方が入所の対象となり、ケアサービス施設・デイサービス施設・リハビリテーション施設・在宅生活支援施設など様々な形態があります。


特別養護老人ホーム・有料老人ホームが終身にわたっての援助を行うのが目的であるのに対し、介護老人保健施設は最終的には利用者の方が自立したり自宅復帰できるよう支援するのが目的です。


また、入居者100人に対し1名以上の医師が常駐していおり万が一の時に医師によって早急な対応ができる点も大きな特徴です。


介護老人保健施設での看護師の仕事は、日常生活の場で食事・入浴・排泄などの支援に加え、自宅復帰できるようにケアプラン(介護サービス計画)を作成するのも業務のひとつです。

また老人ホームと同じように健康管理(服薬・病院への付き添い・急変時の対応・応急処置)なども行います。


介護老人保健施設の主な仕事

 在宅復帰するためのケアプラン(介護サービス計画)作成
 日常生活支援
  (食事・排泄・入浴などの介護業務含む)
 入居者の健康管理
  (バイタルチェック・服薬・病院への付き添い・急変時の対応・応急処置など)

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為の業務は病院と比べて少ない
 介護職のスタッフが多い
 在宅復帰するためのケアプラン(介護サービス計画)作成

介護老人保健施設では"介護職員・理学療法士・介護支援専門員・薬剤師"などと緊密に連絡を取り合い行うことになります。どちらかといえばフィジカルアセスメントが仕事内容の中心になりますので、病院勤務と比較すればやや落ち着きを持って業務に当たることができます。