トップページ > 一般企業の健康管理室 > 一般企業の健康管理室と病院で働く看護師の違いはどこ?

一般企業の健康管理室と病院で働く看護師の違いはどこ?

看護師には様々な働き方がありますが、一般企業の健康管理室で働く看護師は【産業看護師】とも呼ばれ、企業の医務室や保健室のようなところで働くお仕事です。


大手企業では社員の健康管理のためにこういった医務室を設けているところがあり、普段の健康相談、年に数回行われる健康診断、メンタル面をサポートするためのカウンセリングなどの業務を行います。

またオフィスの医務室に勤める場合と、工場に併設される医務室に勤める場合では少し業務内容も違います。


一般企業ではカレンダー通りの休みが取れ、夜勤もない場合が多いのですが、工場の場合は土日祝日・24時間フル稼働している現場でも応急処置や病院への搬送判断が必要になるため、看護師が交代で常駐し勤務にあたります。日勤のみの勤務を希望する場合はその点をあらかじめ確認しておきましょう。


一般企業の健康管理室で働く看護師の主な仕事内容

 企業の医務室で社員の健康管理業務
 年に1、2回行われる健康診断
 電話による健康相談
 カルテなどの書類作成業務

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 病気を治すというよりも病気の予防に重点が置かれる
 (社員の生活習慣病・過労死・うつ病などを防ぐ)
 主にカレンダー通りの勤務で夜勤や土日勤務は少ない
 PCスキルは必須の場合が多い

一般的に健康管理室やそれに類する部署を設置する企業は大手の会社や規模の大きな工場の場合が多く、病院などとの給与は比較の対象にならないほど大きな差が生じることもあります。

加えて会社の営業時間内のみ健康管理室を開くことになるため、健康診断などの忙しい時期でなければほぼ定刻どおりに終業を迎えることができます。