トップページ >  病院以外で働く看護師の仕事内容 >  医療コーディネーター

医療コーディネーターと病院で働く看護師の違いはどこ?

医療コーディネーターとは、患者が望む治療や療養を受けられるよう、医療機関と患者との間に立って橋渡しをする「専任の看護師」の役割を果たすお仕事です。

医療コーディネーター協会などが独自に認定講座を行うなどしていますが、特に資格は必要なく看護師などの資格と経験があれば誰でも転職できます。


医療コーディネーターになるには直接、協会やNPO法人などに問い合わせ、患者さんを紹介してもらい活動することになります。契約は患者さんとの個別契約で、独立して活動する形になります。


それとは別に診療所などの受付業務としての医療コーディネーターという仕事もあります。医者と患者さんとの間に立ち、治療についての説明やカウンセリングを行う接客業務のような仕事で、こちらの求人については看護師転職サイトのような紹介会社での求人・募集が多いようです。


医療コーディネーターの主な仕事内容

 患者さんの置かれている状況をヒアリング
 提供できる治療や医療に関する知識の提供
 病院や施設などに連絡、調整
 医療機関へ同行して意見の代弁
 治療にかかるコストが適正かどうかの見直しやアドバイス
 「医療事故」など不審に感じた際のサポート

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 直接医療行為を行うわけではない(カウンセリング業務)
 独立して患者さんと個別に契約

医療がより複雑化・先進化している現在では医師の説明が難しくなることや、必ずしも完治しないという事もあります。

最新治療やホスピス・自宅療養・セカンドオピニオンにいたるまで、幅広い情報から患者さんが選択できるようアドバイスできる医療コーディネーターは、相談できる人や話せる人がいるという安心感を患者さんや家族の方に与える重要な役割を持っています。


医療コーディネーターは患者さんと医師の双方の立場をよく理解している看護師の方にしかできない仕事ともいえます。患者さんによってはメンタルの部分で落ち込みを見せている場合もあり、そのあたりのケアも看護師の仕事内容と被る部分です。




医療コーディネーターになる看護師のメリット・デメリット

医療コーディネーターは、患者さんと向き合い一人ひとりに十分なサポートを行う仕事です。


病院で看護師として働いていると、個々の患者さんとの接点はあまり深いものとはなりません。他にもたくさんの患者さんがいる中で一人ひとりを見つめることは物理的に難しく、「大勢の中の一人」というやや冷めたような感情を抱かせることにも繋がります。


その点医療コーディネーターは、個々の患者さんの話にしっかりと耳を傾け、患者さんにとってベストな医療となるように真正面から向かい合うことになります。本来あるべき医療の姿「患者さん個人にしっかり向き合う」ことができる仕事です。


医療コーディネーターのメリット

 独立して働くため、仕事の自由度が高い
 看護師としての知識を生かせる
 一人の患者さんとじっくり向き合える

医療コーディネーターのデメリット

 まだあまり一般的ではない職種
 独立して十分な収入を得ている人は少ない
 疾患によっては長期間にわたっるケースもある

医療コーディネーターという仕事はそれ自体がまだ新しいもので、世間一般にあまり知られていません。そのため、独立して高収入を得ている人は少なく、兼業している方も多い職種です。


相談に来る患者さんは、医療知識のない素人さんだけでなく、ご自分で病気についてかなり調べて詳しい方も多く、中途半端な知識では独立開業するのは難しいでしょう。

反面、自由度の高い職種で自分の持つ医療知識をフルに活用して活躍できる仕事でもあります。