トップページ > 医療コーディネーター > 医療コーディネーターになる看護師のメリット・デメリット

医療コーディネーターになる看護師のメリット・デメリット

医療コーディネーターは、患者さんと向き合い一人ひとりに十分なサポートを行う仕事です。


病院で看護師として働いていると、個々の患者さんとの接点はあまり深いものとはなりません。他にもたくさんの患者さんがいる中で一人ひとりを見つめることは物理的に難しく、「大勢の中の一人」というやや冷めたような感情を抱かせることにも繋がります。


その点医療コーディネーターは、個々の患者さんの話にしっかりと耳を傾け、患者さんにとってベストな医療となるように真正面から向かい合うことになります。本来あるべき医療の姿「患者さん個人にしっかり向き合う」ことができる仕事です。


医療コーディネーターのメリット

 独立して働くため、仕事の自由度が高い
 看護師としての知識を生かせる
 一人の患者さんとじっくり向き合える

医療コーディネーターのデメリット

 まだあまり一般的ではない職種
 独立して十分な収入を得ている人は少ない
 疾患によっては長期間にわたっるケースもある

医療コーディネーターという仕事はそれ自体がまだ新しいもので、世間一般にあまり知られていません。そのため、独立して高収入を得ている人は少なく、兼業している方も多い職種です。


相談に来る患者さんは、医療知識のない素人さんだけでなく、ご自分で病気についてかなり調べて詳しい方も多く、中途半端な知識では独立開業するのは難しいでしょう。

反面、自由度の高い職種で自分の持つ医療知識をフルに活用して活躍できる仕事でもあります。