特別養護老人ホームと病院で働く看護師との違いはどこ?

社会の高齢化に伴い、老人福祉施設が増加しています。

老人福祉施設には、養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・デイサービス・訪問看護ステーションなど様々なタイプがあります。

このうち特別養護老人ホームは、寝たきりや認知症など常時介護が必要で、自宅での生活が困難な65歳以上の高齢者を終身にわたって援助するための老人福祉施設です。「特養」とも呼ばれています。


施設によってはご自宅に帰ることができない方の受け入れを行っている場合もあり、長期の入所ではリハビリの甲斐なくますます体が弱る方もいますので、介護はもとより看護が非常に大切になってきます。

"入浴、排泄、食事"などといった基本的な介護や日常生活上のお世話をしつつも、機能訓練を行うことで再び自立して自宅に戻れるための訓練を日々行うことも施設の大切な仕事です。


似たような施設には介護老人保健施設があり、こちらもまた介護を必要とする方が再び自宅で生活ができるようリハビリする施設となりますが、こちらの場合は特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)よりも費用が高く設定されており、その分だけ"リハビリスタッフ、看護師"などの人数が多いという違いがあります。


特別養護老人ホームの主な仕事内容

 日常生活支援
  (食事・排泄・入浴などの介護業務含む)
 入居者の健康管理
  (服薬・入浴の可否・受診や救急車要請の判断)
 簡単な応急処置
 嘱託医との連携・リハビリ補助・病院への付き添い

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為は病院と比べて少ない
 介護職のスタッフと連携して行う業務が多い

特別養護老人ホームでは、利用者の健康管理はもちろん施設に勤める他の職員の方への助言や指導などを行うことになります。

施設内に医師が常駐していないケースが多いので、仕事内容の中でも特に健康管理や衛生管理指導などは非常に大切になってきます。病院と比較すると看護より様々な面での管理の方の仕事内容が多くなります。



特別養護老人ホームで働く看護師のメリット・デメリット

特養の看護師の仕事は、病院勤務の看護師の仕事と比べると医療行為や残業などは少なく生活リズムを作りやすい職場です。


特別養護老人ホームでは、入所者の方との距離が短くなり、しっかりと向き合って看護を行うという非常にやりがいのある仕事です。ただ、入所者の方全てが病気などを抱えているわけではないので医療行為のほうに掛かる仕事の割合が減ってきます。


一方で施設により多少のばらつきはありますが、看護というよりは介護の方に本腰を入れた仕事もしなければなりません。普段の健康管理の仕事のほか、入所者の"入浴・排泄・食事"なども行うことになります。基本的には介護職の仕事となりますが、そこらへんの境目は無く看護師の方も同様に行っているのが現状です。


特別養護老人ホーム(特養)で働くメリット

 残業、夜勤は病院と比べ少ない。
 お年寄りと一人一人じっくりと向き合える
 人とのふれ合いが楽しく感じられる

特別養護老人ホーム(特養)で働くデメリット

 夜勤や残業が少なく給料はやや下がる傾向にある。
 施設によっては夜間勤務やオンコールがある
 看護よりも介護の仕事が多くなる
 医師が常駐していない。

2交代3交代といった夜勤や残業は病院と比べてやや少なく、施設によって日勤のみ・夜勤専従・非常勤・パートなど多様な勤務形態があります。ただし、寝たきりや認知症が進んだ入居者の方も多いため、夜勤やオンコールは有料老人ホームと比べるとやや多いなります。


また、服薬や応急処置など健康に関する業務はほぼ看護師に任されることが多くなります。臨床経験年数が少ない方は、一緒に働く他の看護師はいるのか?いざという時の体制などしっかり確認しましょう。