トップページ > 特別養護老人ホーム > 特別養護老人ホームと病院で働く看護師との違いはどこ?

特別養護老人ホームと病院で働く看護師との違いはどこ?

社会の高齢化に伴い、老人福祉施設が増加しています。

老人福祉施設には、養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・デイサービス・訪問看護ステーションなど様々なタイプがあります。

このうち特別養護老人ホームは、寝たきりや認知症など常時介護が必要で、自宅での生活が困難な65歳以上の高齢者を終身にわたって援助するための老人福祉施設です。「特養」とも呼ばれています。


施設によってはご自宅に帰ることができない方の受け入れを行っている場合もあり、長期の入所ではリハビリの甲斐なくますます体が弱る方もいますので、介護はもとより看護が非常に大切になってきます。

"入浴、排泄、食事"などといった基本的な介護や日常生活上のお世話をしつつも、機能訓練を行うことで再び自立して自宅に戻れるための訓練を日々行うことも施設の大切な仕事です。


似たような施設には介護老人保健施設があり、こちらもまた介護を必要とする方が再び自宅で生活ができるようリハビリする施設となりますが、こちらの場合は特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)よりも費用が高く設定されており、その分だけ"リハビリスタッフ、看護師"などの人数が多いという違いがあります。


特別養護老人ホームの主な仕事内容

 日常生活支援
  (食事・排泄・入浴などの介護業務含む)
 入居者の健康管理
  (服薬・入浴の可否・受診や救急車要請の判断)
 簡単な応急処置
 嘱託医との連携・リハビリ補助・病院への付き添い

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為は病院と比べて少ない
 介護職のスタッフと連携して行う業務が多い

特別養護老人ホームでは、利用者の健康管理はもちろん施設に勤める他の職員の方への助言や指導などを行うことになります。

施設内に医師が常駐していないケースが多いので、仕事内容の中でも特に健康管理や衛生管理指導などは非常に大切になってきます。病院と比較すると看護より様々な面での管理の方の仕事内容が多くなります。