トップページ >  病院以外で働く看護師の仕事内容 >  ツアーナース(旅行添乗)

ツアーナースと病院で働く看護師の違いはどこ?

ツアーナース(添乗看護師)とは、小中高校の修学旅行・林間学校、企業や自治体の団体旅行、旅行会社のツアー・体験学習旅行・老人会・スキーツアーなど、参加者の健康管理や万が一の病気や怪我などに対処する看護師のことです。

別名で"旅行添乗ナース、付添看護師、旅程管理看護師"などとも呼ばれています。


主に修学旅行や地方自治体・企業の旅行などのほか、個人の旅行やスポーツイベントなどに救護待機業務として派遣されることもあります。


ツアーナースの仕事内容は、旅行者の健康管理はもちろんのこと急病や事故などへの対処も行い、医療行為は行えないものの近隣の病院への搬送など様々なサポートを行います。不安定な患者さんへは介護面だけでなく心理的な面でのサポートが必要になります。


旅行者の健康状態の確認や持病の有無など細かなチェックを行います。学生の旅行の場合は子供ならではの怪我や体調変化に気を配り、またアレルギーについてもよく確認を行います。

高齢者の旅行の場合は普段乗りなれない乗り物で体調を崩していないか、疲れにより体調を崩していないかなど見守ることもツアーナースの大切な仕事です。


また、事前に旅行の主催者と打ち合わせをしておくことも旅行添乗ナースの仕事内容に含まれています。


ツアーナース(旅行添乗)看護師の主な仕事内容

 事前に参加者の健康状態を把握
 医師や主催者側との事前打ち合わせ
 旅行者の日程中の健康管理や投薬確認
 怪我や急病の応急処置や医療機関への付き添い

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 観光地や野外、宿泊先での看護対応
 業務中の医療行為事態はほどんど無い
 自分一人で怪我や急病に対応する

単発のお仕事になりますので、働き方は契約社員やパート、また、派遣会社や転職支援サービス会社に登録して探すのが一般的です。



ツアーナース(旅行添乗)になる看護師のメリット・デメリット

旅行に添乗することになりますので、ただで旅行ができる上に給料までもらえるという点で大変人気のある仕事です。もちろん仕事で行くわけですから、怪我や病気の予防や防止に努めて、何かがあれば的確に対処する必要はあります。

逆に何も無ければ観光をめーいっぱい楽しむまではいかなくても、観光地の雰囲気を楽しむことはできます。


ツアーナース(旅行添乗)のメリット

 単発の仕事の中でも日給が良い
 旅行好き、子供好きにはとても楽しい職場

ツアーナース(旅行添乗)のデメリット

 旅行にはシーズンとオフシーズンがあり継続的に仕事が入ってこない
 一人で事故・病気などに対応しなければならず責任は大きい
 日中・夜間関わらず急病人に対応しなければならない

ツアーナースは旅行をしながら日給10,000?14,000円程度の収入になり、重大な病気や怪我がなければ楽しく仕事ができる人気の職種です。ただし旅行シーズン意外は求人がないため、あくまでも副業やお小遣い稼ぎとして考えておくと良いでしょう。


コンスタントに収入を得たい看護師の方は、普段からナース派遣会社に登録して短期の看護師バイトをしながら、ツアーナースのような単発の仕事を続けるという方法もあります。

また仕事を辞めた後、次の仕事を見つけるまでのつなぎとして働くことも可能です