トップページ > ツアーナース(旅行添乗) > ツアーナース(旅行添乗)になる看護師のメリット・デメリット

ツアーナース(旅行添乗)になる看護師のメリット・デメリット

旅行に添乗することになりますので、ただで旅行ができる上に給料までもらえるという点で大変人気のある仕事です。もちろん仕事で行くわけですから、怪我や病気の予防や防止に努めて、何かがあれば的確に対処する必要はあります。

逆に何も無ければ観光をめーいっぱい楽しむまではいかなくても、観光地の雰囲気を楽しむことはできます。


ツアーナース(旅行添乗)のメリット

 単発の仕事の中でも日給が良い
 旅行好き、子供好きにはとても楽しい職場

ツアーナース(旅行添乗)のデメリット

 旅行にはシーズンとオフシーズンがあり継続的に仕事が入ってこない
 一人で事故・病気などに対応しなければならず責任は大きい
 日中・夜間関わらず急病人に対応しなければならない

ツアーナースは旅行をしながら日給10,000?14,000円程度の収入になり、重大な病気や怪我がなければ楽しく仕事ができる人気の職種です。ただし旅行シーズン意外は求人がないため、あくまでも副業やお小遣い稼ぎとして考えておくと良いでしょう。


コンスタントに収入を得たい看護師の方は、普段からナース派遣会社に登録して短期の看護師バイトをしながら、ツアーナースのような単発の仕事を続けるという方法もあります。

また仕事を辞めた後、次の仕事を見つけるまでのつなぎとして働くことも可能です