トップページ > 有料老人ホーム > 有料老人ホームと病院で働く看護師の違いはどこ?

有料老人ホームと病院で働く看護師の違いはどこ?

療養型病床廃止の法案を受け、高齢者マンションや介護付きホームなど様々な形態の有料老人ホームが増加しており、それに伴って老人ホームでの看護師の求人も非常に増えてきています。


有料老人ホームには「介護付」「住宅型」「健康型」の3種類があり、看護師の求人は主に介護付有料老人ホームになります。ただし、住宅型や健康型のホームにもコンシェルジュとして看護師を配置している施設もあります。


老人ホームでの仕事は、一般の病棟と違い基本的に「健康な状態の方」と接するお仕事です。 医療というより日常の場で医療的なケアを行う側面の大きい仕事です。

当然、日常の場で食事・入浴・排泄などの介護といった仕事もあるため、介護職にあたるスタッフとのチーム連携も大切です。


医師が常駐していない場合が多いので、看護職員が協力医療機関と連携して注射や点滴の処置を行う場合もありますが、ホームの形態によってできる医療行為には差があります。


有料老人ホームの主な仕事内容

 日常生活支援(食事・排泄・入浴などの介護業務含む)
 入居者の健康管理(服薬・入浴の可否・受診や救急車要請の判断)
 簡単な応急処置・病院への付き添い

病院勤務の看護師との大きな違いは?

 医療行為の内容は病院と比べて少ない
 介護職のスタッフと連携して行う日常業務が多い

基本的には看護師として有料老人ホームに勤めますが介護職の方との仕事の棲み分けが施設によってはごっちゃになっている場合があります。また人手が不足していることから介護の仕事も行わざるを得ない場合も少なくありません。


まずは求職の際にその老人ホームに関してしっかりと見聞きして、実情をよく把握することになります。