トップページ > 有料老人ホーム > 有料老人ホームで働く看護師のメリット・デメリット

有料老人ホームで働く看護師のメリット・デメリット

有料老人ホームは企業が経営していることが多く、企業の規模によって給与に差が出てくることになります。また有料老人ホームは「介護付き、住宅型、健康型」の3つのタイプに分かれます。看護師の有資格者はどのタイプに勤めるかにより仕事内容や勤務形態は変わってきます。


介護付きの有料老人ホームの場合、「ホームのウリ」として医療体制が充実している事をアピールするために看護師が24時間常駐している場合があります。その場合病棟勤務のようなシフト制となるところが多くなります。

一方「住宅型、健康型」の場合は元気な方が多いので、病院における一般的な看護とは異なり、生活を前提にした看護を行います。このように有料老人ホームの休日や夜勤の有無など勤務形態はどのタイプのホームなのかによりずいぶんと変わってきます。


有料老人ホーム看護師のメリット

 夜勤・土日出勤は少ない
 残業が少なく定時で帰れる
 お年寄りと一人一人じっくりと向き合える

有料老人ホーム看護師のデメリット

 やや収入が少なくなる
 夜間勤務やオンコールのある施設もある
 医師は常駐していない
 看護師が少ない

有料老人ホームでは、日勤のみ・夜勤専従・非常勤・パートなど多様な勤務形態があります。 仕事と家庭のバランスを見ながら自分の希望にあった職場を見つけましょう。